里山ようちえん オタマ組・ねこじゃらしとお散歩♪

2020年9月16日(水) 投稿

ようやく涼しい風が吹くようになりましたね。今日の空はちょうどよい曇りとなり、「里山ようちえん オタマ組」を実施することができました。オタマ組は、2・3歳のお子さんと親御さんが対象の自然あそびです。

さて今日は何が見つかるかな?
みんなで絵本を読んでから、西久保湿地に向けてしゅっぱーつ。

途中には不思議な赤いキノコがあったり、大きくてまあるいどんぐりを拾ったり、バッタやコオロギがぴょんぴょんはねたり。少し歩くだけで色々見つかるね。

イモムシ好きの子は、ネオンカラーのイモムシを見つけて一緒にお散歩。
一方では、長~いねこじゃらしで弟をくすぐって、ちょっといたずらな笑顔です。

雨の後だったので、カタツムリや、つるつるの葉っぱの上にかわいい水滴も見つかりました!

西久保湿地に到着すると、田んぼのまわりにはイナゴがいーっぱい。
歩くたびに飛び出すイナゴたちを追いかけて、みんなで虫とりをしました!
コバネイナゴ以外にも、大きなショウリョウバッタや、オンブバッタ、トノサマバッタも捕まえて、ぴょーーーーーんと遠くまで飛ぶところを見せてもらいました。

たくさん遊んだあとは、外でのんびりお昼ご飯の時間です。ご飯中にも、イナゴやアリ、カマキリが顔を出しました。

帰り道も、小さな体でちゃんと自分で歩いて戻りました。頑張ったね!

今日みんなが気に入って持ってきてくれたのは、大きなどんぐりと、ねこじゃらしでした。
どんぐりにはゾウムシって虫が入ってるんだよ。持って帰ると、お母さんはちょっと困っちゃうね。
集めてきたねこじゃらしを、きれいに活けてくれてありがとう。

里山ようちえんの時間はこれにて終了です。
ご参加いただいた皆様、楽しい時間をありがとうございました!
みんな、このあとはぐっすりお昼寝なんだろうな~。

次回の里山ようちえんオタマ組は12月9日(水)に実施予定です。
※状況により人数を減らして実施する場合があります
冬のお散歩では、何が見つかるかな~?次回もお楽しみに!
(もよちゃん)