年の瀬迫るみどり森

2014年12月23日(火) 投稿

緑の森博物館の案内所の中では、
年内に片付けたい事務仕事に追われるスタッフがヒーヒー言っています。

そんな中、定例の巡回に出てきました。
風もあまりなく、日差しが暖かい緑の森博物館の
今の季節の見どころは

【午前中の日陰で楽しめる
霜柱】

水分が多いところは長くひょろひょろ伸び、少ないところは短くがっしり伸びます

【秋の名残の実】
 
カシワバハグマとコウヤボウキ
 

【春を待つ植物】

冬の間のヒメザゼンソウ

いろいろな冬芽

ゴンズイ、ムラサキシキブ



コナラ、クロモジ

自然は年末年始関係なく
春をむかえる準備を粛々と進めているようです。

今日確認できた鳥たち
シジュウカラ、メジロ、コゲラ、アカゲラ
ウソ、シメ、モズ、ヒヨドリ、ジョウビタキ

あおの