食育体験サツマイモ2回目:草取りに熱中

2014年7月12日(土) 投稿

 

朝から暑い日差しのもと、食育体験教室「サツマイモを育ててみよう!」のメンバーが畑に集まりました。
まずは気付けの一杯(?)みたいに、水分補給です。

サツマイモの苗を植え付けて約ひと月。畝(うね)を見ると、みんな無事に根付いて、元気に葉を広げています。
よかったよかった。でも・・・
雑草がたくさん伸びて、苗を覆いつくす勢い。今日は草とりを頑張るぞっ!!

はじめは雑談しながら草を抜いていましたが、しだいに熱中。

畝の土がどんどん見えるようになっていきました。

こどもたちも、とても一生懸命です。
なぜかというと・・・

この抜いた草でつくった草プリンを作りたかったからです!
ケーキに見立てて、デコレーションもしましたよ!
あまりの熱中ぶりに「草プリン熱中症」発症!もう止まらない~???

草プリンの作り方はこちら↓

 

すっかり草が取れたら、今度は土寄せをします。
立ち上がって伸びてきた苗の株元に、土を盛る作業です。
これをすると、将来芋が成長してきても、芋が土からはみ出さずにすみます。
つるが延びてしまうとできない、大事な作業なんですね。

さて、畑で作業していると、ときどき妙な虫と出会います。
今日は、真っ白なハサミムシ(蛹から羽化したばかり?)やしっぽをふりながら歩くイモムシ(セスジスズメ)、
ものすごく星がたくさんついたテントウムシの仲間、カメムシらしいのに、ものすご~く体がほっそりしている虫など。
そんな生き物にときどきびっくりさせられながら、作業に汗を流しました。

お昼になって、本日の作業は終了。
みなさん、暑い中、お疲れさまでした。
来月、苗のつるが大きく伸びているといいですね!

朝の草ぼうぼうの畑が こんなに!→ 

最後に、おまけのワンカット。


ヒゲだぞぉ~~~♡」

 

(さかもと)