今日のみどり森(6/10)

2021年6月10日(木) 投稿

気温が25度を超え、いよいよ夏が近づいてきましたね。
周期的な雨により、緑の色が濃くなっていくのを感じられます。

現在、みどり森では開花植物はあまりありませんが、梅雨時期や夏の花の蕾を
今日の巡回で見ることができたのでご紹介します。

こちらはアジサイの仲間「ノリウツギ」です。
みどり森では、例年6月下旬ごろに見ごろを迎えますが、もうすでに蕾の状態。
あと1~2週間ほどで花が見られそうです。

こちらは、「ヤマユリ」と「オカトラノオ」。
夏になるとお問い合わせの多い植物ですが、ヤマユリは盗掘により数が減ってきています。
蕾はまだふくらみ途中なので、6月下旬~7月に開花になると思われます。

そのほかの情報は以下の通りです。

【その他植物】
花期を終え、結実しているものが多く、様々な植物の実を見ることができます。
ただし、実をもぎ取ったり、持ち帰ったりはしないでくださいね。

【野鳥】
キビタキは落ち着いてきて、ホトトギスはたまにさえずりを聞くことができます。
繁殖の真っただ中なのか、5月と比べると、野鳥の動きは落ち着いてきました。

【昆虫】
コミスジなど初夏のチョウが見られます。トンボは、シオカラトンボが多く見られるようになってきました。
スズメバチが飛んでいるので、刺激を与えないよう気を付けてください。
蚊も多くなってきたので、虫よけや長袖長ズボンなど対策をして
歩かれることをオススメします。
これからカブトムシなども出てくる季節ですが、虫たちも植物と同様、
持ち帰ったりせず、その場で観察して逃がしてあげてください。
★開館時間内に生きものを逃がしてくれた子どもさんに「ありがとうシール」
 を今年も配布しています。詳しくはスタッフまでお声がけください。

【その他ご案内】
6月20日(日)まで、すべての駐車場を閉鎖しています。
お車でのご来館はお控えいただき、公共交通機関や徒歩・自転車等でのご来館をお願いいたします。
また、暑い日は帽子着用や、こまめな水分補給など暑さ対策をお願いいたします。

以上、現在の自然情報でした。
担当:おっち