わいわい!わくわく!里山ようちえん カエル組 

2015年9月27日(日) 投稿
今日は里山ようちえんのカエル組!
朝から元気な子どもたちが、みどり森に集まりました。
空を見上げると段々と雨も弱まってきました。
これなら、森の中へ探検に行けそうです。

まずはご挨拶をして、自己紹介タイム。
今日はたくさんのお友だちがいて、みんな少しドキドキ?
雨の日に見える水玉をテーマにした
福音館書店 今森光彦・さく【みずたまレンズ】の本を読んで、
森へ行くときの注意点をみんなでおさらいして、いよいよ森へ出発!

さて森へ行く途中の道で、ころころした木の実を発見!
クリです。もうすっかり秋ですね。

大きなエノキの実を味見してみると…ほんのり甘い~!
ゆっくりのんびり道草するのも、里山ようちえんだから出来ることですね。

どんどん進んで、普段は入れない森の奥「キツツキの森」へ到着~! 
その後は、お待ちかねの『お茶タイム』!
普段忙しいお父さんお母さんも子どもたちと一緒にまったり。

その後は、親子分かれての活動です。
子どもたちは一人一人、虫かごを首から下げて、森を探検!
面白いものをたくさん見つけましたね。
小さな虫たち、色とりどりキノコ…そしてたくさんのドングリ!
みんなたくさんの宝物をあつめていました。

その頃、親御さんには、スタッフから野外での遊び方のアドバイスや
気をつけたい生きものについての説明などを行いました。
また、今日は「十五夜」。季節の楽しみ方、年中行事についてのお話しもしました。
ぜひ、お家の周りでも小さな自然を見つけて、楽しんでみてくださいね

探検から帰ってきた子どもたちは、お父さんお母さんに自分の見つけたものを
お披露目して、お昼ご飯。
みんなたくさん歩き回ったからか、モリモリご飯を食べていましたね。

午後はさらに森の奥へ探検に行くチームと
のんびりクラフトを楽しむチームに分かれました。
拾ってきたどんぐりに色付けをしたり、
どちらのチームも楽しんで活動することができましたね。

キツツキの森に戻って、今日の十五夜にちなんだお月様の絵本
福音館書店 林明子・さく【おつきさまこんばんは】の読み聞かせを行い、
十五夜のお話しをしました。
最後にみんなであいさつをして、今日の里山ようちえんはおしまい。

次の 里山ようちえんカエル組は11月7日(土)と
12月12日(土)に予定しています。
また晩秋~冬にかけて、めまぐるしく変化するみどり森では、
それぞれ、違う景色をご覧いただけると思います♪
ぜひ遊びに来てくださいね。
(たっきー)