山笑うみどり森

2019年3月20日(水) 投稿

ここ数日例年よりも暖かい日が続いていますね。
この暖かさの影響で、みどり森の春もどんどん進んできています。
草、木、虫、鳥などの様子をお伝えします。

木々は芽ぶきが進んできています。
ミズキ、コナラ、ウワミズザクラ
芽ぶきが進むと、山全体が色づき始め、日に日に違う顔を見せてくれます。

足元も花が咲き賑やかになってきました。

アオイスミレ 、オオイヌノフグリ、タネツケバナ、スギナ、 コスミレ ととても春らしいです。

虫や野鳥も賑やかです。
テングチョウやルリタテハ、ヒオドシチョウ、ビロードツリアブが飛び始めました。
個人的には、ビロードツリアブが飛ぶと春だな~と感じます。

野鳥は、シジュウカラ、ヤマガラ、ウグイス、ホオジロが囀っています。
エナガは尾羽がカールしているので、子育てが始まっているようです。

水辺ではアズマヒキガエルがカエル合戦をし、
ダイサギがカエルや小魚を食べています。
先月末に産み付けられたアカガエルの卵は無事孵り
オタマジャクシとなって水の中を元気に泳いでいます。

春はなんだか「うきうき」「わくわく」しますね。
明日は春分の日、みどり森ではガイドウォークもあるのでぜひ
このキモチの良い春を楽しみにいらしてみてくださいね。
明日のガイドウォークは11時~12時です。
皆様のお越しをお待ちしております。

青野