トップページ

「さいたま緑の森博物館プロジェクト2019」開催!


■今年も24時間テレビ
「さいたま緑の森博物館プロジェクト2019」を
 開催します!

2013年から「里山を知ろう!守ろう!育てよう!」をテーマに
 日本テレビ24時間テレビ事務局と実施している、里山保全活動
「さいたま緑の森博物館プロジェクト2019」を今年も開催します。
 詳細については、24時間テレビ事務局のHPをご確認下さい。
 みなさんのご参加、お待ちしております!
 ※問い合わせ・申込受付は当館ではなく、24時間テレビ事務局と
  なりますのでご注意ください。
 ★24時間テレビ「さいたま緑の森博物館プロジェクト2019」
  環境ボランティア募集ページは、こちらをクリック!


■西武バスのダイヤ改正について

3月16日(土)より、緑の森博物館までの最寄りバス停まで
運行している西武バスのダイヤが改正されています。
公共交通機関をご利用し、来館または帰られる際は
ご注意ください。
西武池袋線の小手指駅南口から「宮寺西行き」バスの時刻、
および当館最寄りの「荻原」バス停からの時刻表は、
以下でご確認ください。

・小手指駅南口発
 「宮寺西行き または 宮寺西経由金子駅入口行き」
   小手指駅南口バス停時刻表(PDF)
・当館最寄りバス停「荻原」時刻表(PDF)


■春のイベント情報!

春真っ盛り!新緑や様々な色の花がまぶしい季節です。
そんな5月のイベントをご紹介♪

今年は野鳥のさえずりを聴きながら
散策する新企画「休日さとやま部」
も開催!参加者募集中です。



★20代~40代のみなさん、
 野鳥のさえずりの聞き分けに挑戦してみませんか?
  【新企画】 「休日さとやま部~さえずり探聴会~」
  →ただ今、参加者募集中です!
★どこを探したらいいの?生きもの博士と一緒に見てみよう!
 「親子はじめての自然観察 
   ~生きものの探し方・見つけ方 編~
  →ただ今、キャンセル待ちの受付をしています
★毎年人気の稲作体験!
 食育体験教室「田んぼでお米を作ろう!」
  →ただ今、キャンセル待ちの受付をしています

5月のイベント詳細は、コチラ


■ボランティア団体さん紹介展示やってます!

どんな団体がどんな活動をしているの?
里山の管理や生きもの観察など、みどり森で活動する様々な
ジャンルのボランティア団体さんを紹介しています!
これを見たら、あなたも活動してみたくなっちゃうかも!?


双眼鏡の無料貸し出しはじめました!

VANGUARD ENDEAVOR ED Ⅱ 8×32

「野鳥を見てみたい!」「遠くの景色を見てみたい」ときにあると便利な双眼鏡。
株式会社ガードフォースジャパン様のご厚意により、双眼鏡の無料貸し出しを行っています!
貸し出しご希望の方は、案内所窓口スタッフにお声がけください。
※台数に限りがある為、貸し出し時間は1台あたり2時間程度となります。
なお、貸し出し時に、運転免許証や保険証などの身分証のご提示と書類への記入が必要となっておりますのでご用意ください。

↑企業・製品情報はコチラ↑

■園路・駐車場のご案内

★さいたま緑の森博物館 園路状況★
 2018年10月から続いていた通行止めは全て解除されました。
 なお、現在もところどころにかかり枝があります。
 かかり枝がある場所は、注意看板が設置されていますので、
 看板がある場所は立ち止まらずに速やかにお通りください。

 ★水道局用地内の通路も通行可能です。

★駐車場について★
 散策する方がたくさん来館される季節のため、駐車場が満車になる
 場合がございます。
 一般駐車場が満車の場合は、臨時駐車場を開放しますが、雨により

 地面がぬかるんでしまっている場合は、臨時駐車場は閉鎖いたします。
 また、当館イベントや団体利用がある場合は、臨時駐車場は利用できない
 場合がございますので、ご了承ください。

 できるだけ公共交通機関のご利用をお願いいたします。


■スタンプをためて
【緑の森博物館の生きものたち】をもらおう!

埼玉県で、「さいたま緑の森博物館の生きものたち」というA5サイズの冊子を作りました。
みどり森に周辺で見られる動植物を写真付きで紹介しています。
案内所で配布しているスタンプカードに、
スタンプを5つためると冊子をプレゼント!
詳しくは案内所スタッフへお尋ねください。
※冊子がなくなり次第終了となります。

更新情報

2019/04/23更新
2019/04/14更新
2019/04/13更新
2015/10/26更新
2019/03/30更新

指定管理者について

平成23年4月1日より、さいたま緑の森博物館の指定管理者変わりました。
4月より株式会社自然教育研究センターが博物館の運営を行います。
多くの方々に狭山丘陵の自然を楽しんでいただくことができるような温かい運営を心がけていきます。どうぞよろしくお願いいたします。