今日のみどり森(2月20日)

2021年2月20日(土) 投稿
案内所を出て、大谷戸湿地を歩いていくと、トンボの湿地手前に
道を越えるように生えているムラサキシキブがあります。
この木は今ら10年以上前から生えていました。
私がみどり森で働き始めた10年前から斜めに生えていて、
道を歩くのに枝葉が邪魔になることもありましたが、
トンネルのようで面白いということで、切ることなく
枝などの剪定だけして残していました。
ここ数年、幹も太くなってきて、イベントの際、子供が
ぶら下がっても折れることがないので、ぶら下がって
遊んだりもしていましたが、散策をしている方が頭を
ぶつける等の話が出るようになってきたので
本日伐ることにしました。
最後なので、ぶら下がったりしてから切ることにしました。
伐りながら…
ぶら下がったことがある子や、頭をぶつけた方はきっと
ここを通るたびにこの木に…
とその時のことを、思いだすことがあったかもしれません。
今回この木を伐って
管理上、伐らざる負えない木でも、もしかしたら来館者の
何かしらの思い出がある木が他にもあるかもしれないのでは?
と思ったりしました。


あおの