夏の終わりに向けて

2013年8月21日(水) 投稿

ツクツクボウシの鳴き声が響き、緑森でも少しずつ秋の匂いが
感じられるようになってきました。

大谷戸湿地周辺では、キンミズヒキやツリガネニンジンの花をみることができます。

  

さらに西久保湿地の周辺まで足をのばせば、ワレモコウやゲンノショウコ、クズ、
ヒヨドリバナなど、夏のおわりに咲く様々な花を観察できます。

 

 

秋に近づくにあたって、植物だけでなく動物たちもどこか
哀愁ただよう表情にみえてきました。

 

季節の変わり目は、自然のなかに特別な風情が感じられるように思います。
これから夏の終わりを迎える緑森で、そんな風情を生き物と
一緒に探してみてください。

 

うちだ