駐車場のキノコと秋のお花

2018年9月15日(土) 投稿

今年の夏はとても暑い日が続いていましたが、
9月に入り、朝晩、日によっては1日を通してひんやりした日が多くなってきましたね。
セミはまだまだ鳴いていますが、少しづつ秋を感じさせられます。

そんな秋が近づく緑森では駐車場に大量のキノコが大発生しています。
多分、テングタケだと思われるのですが・・・
駐車場にこんなに出ているのを見たのは初めてのことなのでスタッフもビックリです。
「これだけあったら食べてもいいかも!」と思うかもしれませんが、
テングタケは毒キノコなので食べてしまうと、おなかが痛くなったり、
体調を崩してしまうので食べないようにしてくださいね。
   

また、大谷戸湿地では続々と秋に咲くお花が開花してきています。
  
ヤブランやユウガギク、ノハラアザミ
 
キツネノマゴやキンミズヒキも咲いています。

また、大谷戸湿地入口のツリフネソウも続々と開花しています。
 

今現在は、このような開花状況となっています。
開花期間としては今月いっぱい(遅いもので来月初旬ほど)だと
思われますので、「是非見てみたい!」と思われた方はお早めにお越しくださいね。
 

蚊はまだ飛んでいますが・・・
気温も低くなってきてとても歩きやすい時期になってきました。
長袖・長ズボン・虫よけとしっかり装備を整えて、
ぜひ秋のお花を見ながらお散歩を楽しんでみてくださいね。
みなさんのお越しお待ちしてまーす!

【※数日間の雨で園路の所々にぬかるみがあり滑りやすくなっています
   歩かれる際は十分にお気を付けください。
   また、臨時駐車スペースもぬかるみにより閉鎖することがあります。
   一般駐車スペースに限りがあり、駐車できない場合もありますので
   なるべく公共交通機関でのご来館をお願いします。】

(あっきー)