ヒメザゼンソウ見ごろは15日ごろまで

2018年6月7日(木) 投稿


案内所のすぐ近くに咲いていヒメザゼンソウ。花は最盛期を迎えています。
花が見える株は、6月7日現在、柵沿いの10株程度に限られます。
スタッフがご案内しますので、案内所にお尋ねください。

見ごろは今月半ば、15日ごろまでと思われます。
しかし、

きのう関東も梅雨入りし、今週末もしっかり雨が降る天気予報です。
雨にあたると泥はねなどで花が傷みやすくなりますので、
来週後半までもつのか、少し心配です。

以下、繰り返しとなりますが、
緑の森博物館からのお願いです。

※ヒメザゼンソウは埼玉県の絶滅危惧種に指定されており、
大切に保護している植物なので、 観察・撮影の際には絶対に
柵をのりこえたり、傷つけたり、折り取ったりしないようにお願いします。

※梅雨の時期は、臨時駐車スペースがぬかるみにより閉鎖することが多くなります。
一般駐車スペースに限りがあり、駐車できない場合もありますので
なるべく公共交通機関でのご来館をお願いします。