夏の気配

2014年6月20日(金) 投稿

梅雨の長雨も小休止。

森を吹き抜ける風が気持ちのよいみどり森です。

連日たくさんのお客様がヒメザゼンソウを観にいらっしゃっています。
お花のピークは今週末ごろまででしょうか。

現在園路から見えるのは5株ほどです。

親指ほどの大きさで、林床にポツリポツリとひっそり咲く為見つけづらいかもしれません。
案内所のスタッフが場所をご案内しておりますので、どうぞご遠慮なくお声掛けください。

また、ヒメザゼンソウは埼玉県の絶滅危惧種にも指定されております。
みどり森では、園路外への立ち入り、踏みつけ、生きものの採集は固くご遠慮いただいております。
来年もその先も、この地にヒメザゼンソウが咲いてくれるように、マナーを守って観賞していただけますよう、ご協力よろしくお願い致します。 
 
さて、今日は今のみどり森で楽しむことが出来る夏のお花をご紹介します。
ヒメザゼンソウだけではなく、他にも可憐な花を見ることができますよ。

アオツヅラフジのとてもとても小さな花、オカトラノオの尻尾のような形の花
ドクダミの純白、ホタルブクロのきれいな薄紫。

ムラサキシキブの薄ピンク色。アカメガシワはカミキリムシなど、虫たちで大賑わい。
夏の訪れを感じさせてくれます。

今日は大谷戸湿地周りの散策路の草刈をおこなったため、だいぶ歩きやすくなりました。
ぜひ、ヒメザゼンソウをご覧になった後は、夏の森を散策してみてくださいね。

 雨のあとは道がぬかるんだり、滑りやすくなりますので、歩きやすい靴や長靴がおススメです。

週末は混雑が予想されます。駐車場の台数が7台程度と限られているため、公共交通機関をご利用いただきますようご協力よろしくお願い致します。

 (たっきー)