さえずり探聴会:キビタキをじっくり

2019年5月19日(日) 投稿

本日、休日さとやま部のさえずり探聴会を開催しましたので、その様子をごらんください。初夏の風がさわやかでした。

5月の雑木林は、木の葉が開いてしまっているので、野鳥の姿はちょっと探しにくいもの。でも、鳴き声はいろいろ聞こえてきます。どんな鳥がいて、どんな声で鳴いているのか、湿地の前で、林の中で、じっと聞き耳をたててみました。

確認できたのは、ウグイス、ガビチョウ、キビタキ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、スズメ、ツツドリ(ほんの一瞬)、ヒヨドリ、ホオジロ、メジロのさえずりや地鳴きでした。

最後にキビタキのオスが枝に止まって熱心にさえずる様子が観察できたのはとてもラッキーでしたね。のんきにさえずっているわけではなくて、かなりがんばって自己アピールしている様子がうかがえたのではないでしょうか。

これからホトトギスもわたってくる頃です。ホトトギスの声が響くみどり森にもまた足を運んでみてください。
次回の休日さとやま部は、2月開催予定です。

さかもと