びゅうびゅう北風 冬の森

2015年1月28日(水) 投稿

雨上がりのみどり森。
今日は風も強く、森を歩くと木がギィギィと鳴くように揺れています。

森を歩いていると目の前をちょこちょことコジュケイが駆けて行きます。
冬は葉が落ちるので、バードウォッチングには最適な季節ですね。
案内所では今見られる野鳥情報も提供していますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

朝日が差し込む森の朝の空気が凛として気持ちの良い季節です。
足下に目を向けると…


ふわふわの植物の種を見つけることができますよ。
また、最新号のニュースレターでも特集している冬芽。
冬芽の観察ポイントも紹介していますので、観察の参考にどうぞ!
窓口で配布中です。 

冬芽はじっくり観察してみると、毛が生えていたり、面白い形をしています。
この中に葉や、蕾の元が収納されているなんて驚きですね。
このような小さなたくさんの芽たちが、静かに春を待っています。

寒い森ですが、空の青さは格別です。

2月21日(土)にはイベント「みどり森歴史めぐり」が予定されています。
講師の方と一緒にみどり森周辺の石造物などをめぐり、歴史を紐解いてみませんか?

いつもとは違った景色を見ることが出来ますよ!
現在参加申し込み受付中です。  詳しくは こちらをクリック 

 

ぜひ防寒対策をしっかりして、冬のみどり森に遊びに来てくださいね。

(たっきー)