湿地から笑い声?

2016年2月14日(日) 投稿

ここ2日間のみどり森はポカポカ陽気です♪

この暖かさに誘われて、生きものたちは冬眠から目覚め、みどり森を動き回っています。

また、森の中だけではなく、田んぼや湿地にも春の足音が…?

おや?田んぼの中に何かありますね。
 

もう少し近寄ると…


そう!アカガエルの卵です(産みたて~)
みどり森には「ヤマアカガエル」と「ニホンアカガエル」の2種類のアカガエルがいますが、
これはどちらの卵でしょうか?

また、成体の姿も見られました!
 
これは、ヤマアカガエルですね。
鳴き声が特徴的です。 


アカガエルたちは、「大谷戸湿地」「西久保湿地」「八幡湿地」の3つの湿地で見ることができます。
また、カエルの卵や成体、声の見分け方は、現在展示中の「狭山丘陵の両生類たち展」をご覧ください(宣伝失礼しました)
 

明日2月15日からは、この暖かさから一転して寒くなってしまうようです。
今日出てきた生きものたちは耐えられるでしょうか…?



※田んぼの畦(あぜ)や湿地の水際などは大変滑りやすくなっておりますので、生きものを観察される際は、
足元に注意しながら観察してください。
 また、一部の田んぼは立入が禁止になっている所がございます。立入禁止場所には立ち入らぬよう、ご協力をお願いいたします。 

 


おっち