雨降る雑木林で 5月27日

2021年5月27日(木) 投稿
駐車場の閉鎖が続きご不便をおかけしていますが、
新型コロナウイルス感染症の感染を広めない為ご理解ご協力をお願いします。

本日は、雨ですが園内の情報をお届けできればと思います。
春先に開花していたウグイスカグラはまだ実を残していました。
鳥たちに徐々に食べられていたその残りのようです。
雨がかかり、一段と澄んで見えました。

道を進んでいるとアズマヒキガエルが飛び出してきました。
大きさはそんなに大きくなくオタマジャクシから成長して2、3年くらいでしょうか?
雨だと活発に動くようですね。

来年か再来年には、近くの池や田んぼで繁殖に参加できるようになるのではないでしょうか?

雨がたくさん降っている時に林の中ではこんな泡をよく見ることがあります。
生き物が作りだしている泡ではなく、木の幹を伝い落ちてきた水が、木から垂れて地面に落ちた際に泡立つようで、雨のたびに毎回同じ場所に泡が立ちます。

その場所ごとで泡の大きさや密度が異なっています。

丁度花が少ない時期なので、開花している植物は少ないですが
いつもとは違う雨という状況で林を散策すると、新しい発見があるかもしれません。

あおの