雷雨のあと

2014年6月10日(火) 投稿

昨夜は、しとしと降る梅雨とは思えないような、雷雨にみまわれたみどり森です。
案内所の前の、狭山湖外周道路へと通じる道は水の流れが絶えません。
大谷戸湿地の道を進むと、トンボの湿地のところは浸水しぬかるんでいました。

この他にもぬかるみや滑りやすいところがありますので、
散策されるときは足元にご注意ください。

さて、 雨も上がって陽射しも届いてきた森では、昆虫たちが活動をはじめていましたよ。

満開のクリの花のまわりには、チョウの仲間、コガネムシの仲間、ハチの仲間が飛び回っていたのですが、
ブォーン・・という重低音が。見ると・・・

オオスズメバチでした(おっとびっくり)。

クリの花の蜜を吸いに来ている虫をつかまえたのでしょうか。
しばらく逆さまの状態で何かをモグモグしていました。

ほかにも、こんな昆虫に会えました。

みんな雨上がりを待っていたようでした。

(さかもと)

※雨によるぬかるみがひどいので、しばらくの間、臨時駐車場を閉鎖させていただきます。
 通常駐車場が満車になることがございますので、
 ご来園の方はできるだけ電車やバスをご利用ください。ご協力をお願い致します。