春めく森

2014年3月30日(日) 投稿

今日は午前中から雨が降っているみどり森ですが、
暖かくなった影響で色々な花がみられるようになりました。

スミレは春を代表する花のひとつです。
案内所周辺の園路では現在アオイスミレやタチツボスミレ、
コスミレの花がそれぞれ咲いています(写真はアオイスミレ)。

 

ほかにも、案内所の前ではヒメザゼンソウの葉が伸びはじめ、
ウグイスカグラの花も見ごろになっています。

 

カエルの鳴き声に誘われて大谷戸湿地まで歩いてみると、
今度はスミレとは違う紫色の花がたくさん咲いているのが
目に入ります。 これはオオアラセイトウという植物の花で、
ハナダイコンやショカッサイ、ムラサキハナナなど、
色々な名前で呼ばれ親しまれている植物です。

よく探してみると、オオアラセイトウに混じってちゃっかり
ムラサキケマンの紫色の花が咲いているかもしれませんよ。

 

 色々な花が咲いて、いよいよ春を実感できるようになってきましたね。
これからさらにたくさんの花や虫がみられるようになるのが楽しみです。

 

(うちだ)