風雨後の朝

2013年11月26日(火) 投稿

昨晩は強い風と雨でしたね。
朝出勤してみると…

案内所の前の道路一面に落ち葉が落ちていました。

案内所周りの落ち葉掃きはこの時期、毎朝の日課になっています。
それにしてもたくさん落ちています。

道脇に捨てるのも、もったいないので
今度、『里山体験教室』でも使う大きな竹の籠に詰めて
落ち葉堆肥を作っている箱に入れることにしました。
道路の落ち葉を集めて籠に詰め…
籠2杯分も落ち葉を集めることができました。

水を吸っている落ち葉は重かった…

葉が落ち始めているので、紅葉が見られるのもあと少しのようです。
葉の少なくなった木には、メジロの巣が…

こんなところに巣を作っていたとは…。
(案内所、すぐ横の木です。)

落ち葉が落ちると、今まで見えていなかったものが見えてきます。
鳥の巣だけでなく、普段は葉っぱや茂みに隠れてしまっている昔の石碑が見つかることも。

そんな石碑の意味を知りたい場合は、週末にちょうど良いイベントが開催されます。
『みどり森の歴史めぐり』というイベントです。
縄文から近世までの歴史に関連した様々なものを見ることができます。
石碑や、土器…歴史の遺物を見るチャンスです。


まだ暖かく、落ち葉の舞う緑の森博物館で皆さんのお越しをお待ちしております。

 

あおの