里山ようちえんカエル組:春のたんけんしたよ

2019年4月20日(土) 投稿

やわらかい春の日に、里山ようちえんカエル組が開催されました。今年度1回目です。キツツキの森でのお茶のあと、はりきって西久保湿地までのロングコースにチャレンジしました。

途中には、みんなが心をうばわれる魅力的なものがいっぱい!
たとえば、アリの巣、モグラの穴、タンポポの綿毛。綿毛たくさん吹き飛ばしたのは誰かな??

こちらでは、いい匂いのする花や、やわらか~~~い触り心地の葉っぱにうっとり。

西久保の池のオタマジャクシは大人気。たも網で数えきれないほどすくいましたよ!

オタマジャクシを池に逃がしたら、お待ちかねのお弁当タイム。クスノキの木陰で気持ち良くいただきました。

お弁当のあとは、
ナズナ(ぺんぺん草)で音を鳴らしたり、ノビルをかじってみたりしたね。ノビルは辛い?

さいごは、案内所まで畑の道を通って戻ります。さすがに足が疲れた様子も見られましたが、最後は走って案内所にゴールを決めた子もいてびっくりしました。
春のみどり森たんけんは楽しめたかな?また遊びに来てみてね。
次回のカエル組は6月23日(日)です。(きんちゃん)