食育体験教室【田んぼの草取りⅡ】を開催しました!

2018年8月5日(日) 投稿

猛暑の中、第4回目の食育体験教室です。
今日は前回に引き続き、稲の栄養を奪ってしまう「コナギ」取りをします!

今回も最初に稲の成長を観察しました。

なんと!
稲はすでに花を咲かせていて、高さも90センチ前後にまで成長していました。
稲のお花は白くて小さく、とってもかわいいんですよ。


田んぼを覗いてみると水は少なく、ひび割れが目立ちますね(手前の艶やかな葉が「コナギ」です)。
ここ最近雨が少なかったことも影響していますが、
農家さんはこうやってあえて水を抜いて「土用干し」というものを行っていたそうです。


さあ!灼熱の太陽の中、「コナギ」取りのスタートです!
背が高くなった稲を傷つけないように掻き分け、丁寧にとっていきます。
みんな稲に顔を埋めながら頑張りました!!


午前中の作業が終わった後は、水不足の田んぼで「雨乞い」を。
入間市の「雨乞い」の方法は”御岳山の水”を使って行います。
今回みどり森では御岳山の水を希釈して、田んぼに撒きながら水浴びをしました。


水浴びでクールダウンした後は、草取りの続きです。
午後の一番暑い中、みんなで大量の「コナギ」を取りました!
本当にお疲れ様でした!!


作業を頑張った後は、今日のお楽しみ★
毎年恒例のスイカ割です。
みんなで声を掛け合いながら、見事割ることができました!

いただきまーーす!
汗をたくさん流した後のスイカは格別ですね!


続いてのお楽しみは、毎回恒例の生きものさがしタイム。
前回見たバッタたち。
脱皮をして、からだも羽も大きくなり飛べるようになっていました!

今回は今までで一番暑い中での作業でしたが、みんな最後まで元気よく活動することができました。
次回は稲を害獣等から守るため、オリジナルかかし作りをします!
みんながどんなかかしを作るのか楽しみですね*

ごっちゃん