食育田んぼ最終回:おいしいお米ができました!

2017年11月5日(日) 投稿

台風の影響で延期となってしまっていた食育体験教室「田んぼでお米を作ろう!」の最終回を
本日開催しました。
本日の作業は脱穀、精米、そして待ちに待った実食です。

 
まず初めにマイマイから脱穀機についての説明です。
今日使うのは足踏み式脱穀機と動力式脱穀機を使います。
みんな初めて見る機械に興味深々の様子でした。

 
いざ実践!
稲穂にお米が残らないよう丁寧に脱穀していきます。
最初は慣れない機械に緊張しているようでしたが何回か
やってみるにつれ一人でもできるようになっていました。
 
次は脱穀が終わったお米を精米の体験をしていきます。
お米と稲穂のゴミを分けてから、臼やビンなどに入れ
圧力を加えることでお米をこすり合わせ籾殻を取って行きます。

 
お昼には半年間かけて育ててきた「彩のかがやき」「彩のきずな」を
実食することができました。
食べてみての第一声は「おいしい!」という声を聞く事ができました。
一杯目は「きずな」、二杯目は「かがやき」などと食べ比べておりそれぞれの
感じた感想などを話していました。
また、参加者の方々からシェアできるおかずなどの提供もありました。
提供して下さった皆様ありがとうございました。

 
お昼を食べ終わった後は、半年間の田んぼ作業のふり返りをおこない、
収穫できたお米の贈呈式がおこなわれ稲作最終回は終了となりました。

半年間の稲作の中でお米作りの大変さや難しさも感じたと思いますが、
同時に面白さや収穫の嬉しさ、お米の大切さなども感じ取って
いただけたのではと思います。
皆様、半年間お疲れさまでした。

また、半年間に渡り当館の食育体験教室をサポートして下さった
緑森ボランティア会の皆様ありがとうございました。

(あっきー)