里山ようちえんカエル組:みどり森の生き物と遊んだよ

2017年4月22日(土) 投稿

今日は、「里山ようちえん カエル組」を実施しました。
今回は「みどり森たんけん!」ということで、みんなで案内所から
西久保湿地まで向かいます。
始まる前に、参加者の子がこんな虫を見つけてくれました。
背中に模様のある、トビサルハムシです。

まずは、スタッフ紹介!
今回は、おなじみの”まちゃ”と”まいまい”と4月から入った”もか”の
3人スタッフと一緒にたんけんに出発!

 

最初はノビルを見つけたり、道脇の麦畑を見たり、モグラの穴を観察しながら、
どんどん西久保湿地まで歩いて行きました。

西久保湿地に到着!おやつを食べながら、松ぼっくりのマイクで自己紹介をしました。
みんな上手に自己紹介できました。

 
 

その後、まいまいからみんなへ「ヘビを見たらみんなに知らせよう!
ハチを見たらじっとしよう!池に落ちないようにしよう!」の3つの約束をして、
いざ生き物をさがしにいきました。

 
 

お父さんやお母さんと一緒に協力しながら、オタマジャクシやヤゴ、
アメリカザリガニ、ドジョウ、タニシなどが見つかりました。

お昼を食べた後は、自分で見つけた生き物をじっくり観察。
オタマジャクシの顔が意外とこわかったり、生き物が手の温度で
弱らないように、水を使って冷やしたり、生き物の特徴やふれあい方を学びました。
後はみどり森の約束通り、すんでいた田んぼにかえしてあげました。

 
 

生き物たちとバイバイしたら、案内所まで帰ります。
途中、これから野外で気を付けなくてはならない植物(ウルシ)の紹介と
活動場所になる「キツツキの森」に寄りました。
ちょっと時間があったので、木登りにチャレンジ!
その後、ポツポツと雨が降ってきたので、案内所に戻り、
本日のカエル組は終了しました。

 
 

今日は、3つの約束を守りながら、生き物と触れ合うことができました。
次回の「里山ようちえん:カエル組」は6月11日(日)です。
2か月先ですが、またみんなに会えるのを楽しみにしています。

(もか)